さすがは我が母だと思いました。

今日は仕事でうまくいかなくて、かなり落ち込んでしまっていました。
ご飯の用意をしているときに、電話がなったと思ったら、母でした。

近くに住んでいるので、休みの日には一緒に過ごしたりしているのですが、
このタイミングで連絡をくれるとは思ってもいませんでした。
なんか、あったことをすぐに気づいてくれて、その30分後に缶ビールを2本持ってうちに来てくれたのです。
まさかの展開に私も嬉しくて、涙が出てしまいました。

声を聞いただけで何かあったと気づいてくれるのですから、母の存在というのはとても計り知れないものだなぁと思いました。
一緒に晩酌をして、話を聞いてから帰って行きました。

泊まっていくのは明日が大変だからと気遣ってくれました。
さすがは我が母だと思いました。