パパが恋しかったようです

最近、仕事が忙しくて帰りが遅い主人は、いつも朝早く出て、夜遅いというパターンなので、
なかなか子供と会う時間がなくて、子供が寂しがっているようでした。
今日も、子供が寝付いてから帰ってきたので、1日のあった出来事を話していたら、
突然ドアが開いて、子供が走ってパパに飛びついてきたのです。

やはり、会えないと子供は不安になるようで、パパに会えて嬉しかったようで、今日だけは夜更かしを許してあげました。
パパの夕飯中も、一緒に椅子に座って私地の会話を聞いて、お茶を飲んでいました。
パパがお風呂に入るのを見届けてから、そのまま、倒れるように私にしがみついて眠ってしまいました。

こんなにパパが恋しかったのか。と思い、とっても可愛く思いました。